京都 八瀬大原 瑠璃光院

  • 訪れてくださった皆様のご感想
  • フォトギャラリー

茶会、能楽・邦楽など伝統文化の会合等にご利用ご希望の方には、特に便を図ります。詳細は下記からお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • 光明寺 本坊
  • 町屋 光明寺
  • 東京仏教伝道会
  • 新宿瑠璃光院白蓮華堂
  • 東京国際仏教塾 得度

由緒

「やすらぎ」と「いこい」の郷

瑠璃光院

ここ「八瀬」の地は、「矢背」とも記されるように、壬申の乱で背中に矢傷を負われた大海人皇子(天武天皇)が「八瀬の釜風呂」で傷を癒されてより、平安貴族や武士たちに「やすらぎ」の郷として愛されてきました。

瑠璃光院

本願寺歴代門跡もしばしば訪れたと記録に著され、明治の元勲三条実美公は、当時の庵に「喜鶴亭」と名付けて直筆の命名額を下されています。
(瑠璃光院に現存)

その後、大正末から昭和の初めにかけて、一万二千坪の敷地に延二四〇坪に及ぶ数奇屋造りに大改築するとともに、自然を借景とした名庭を造営。建築にあたった棟梁は、京数寄屋造りの名人と称された中村外二、築庭は、佐野藤右衛門一統の作と伝えられます。

その後現在まで、日本情緒あふれる名建築・名庭として多くの人々に親しまれ、囲碁本因坊位の対戦場となったことなどが知られております。

そして今、文化財の保護と公益を目的に、一般の方々にも公開する機会を持ち、皆様に「心のやすらぎ」を提供するに至りました。

~ 無量寿山・光明寺 京都本坊 ~

このページの先頭へ