瑠璃光院

瑠璃光院

お知らせ

H29秋の特別拝観お知らせ

平成29年10月1日から平成29年12月10日まで秋の特別拝観を行います。
※混雑時は、入場制限をさせていただくこともございますので、ご了承ください。
※拝観予約受付はございません。
※期間中の定休日はございません。
※入場チケットが完売次第、受付は終了いたします。
※11月中旬より拝観時間及びチケット販売時間は変更の予定です
 (決まり次第お知らせいたします。)
※その他のお問い合わせにつきましては、お問い合わせページのQ&Aをご覧ください。

●期間:平成29年10月1日(日)~12月10日(日)
●拝観時間:10:00~17:00(閉門午後17:30)
●チケット販売開始時間:9:30
●拝観料:一般2,000円

(2017/09/18/ up)

動画

秋の瑠璃光院の様子を動画でご紹介します。

八瀬逍遥・風雅有情

瑠璃光院の見どころ

山門

山門

叡山鉄道「八瀬比叡山口駅」より高野川の清流に沿って歩き、吊り橋を渡ると瀟酒な山門が目に入ります。


玄関

玄関

橋のたもとの池では優雅に泳ぐ錦鯉たちが元気よく出迎えてくれます。

参道

参道

ゆっくり登る参道には100種以上の紅葉が植えられ、秋ともなると錦繍を競い合います。

書院

書院

「瑠璃の庭」を臨む格調高い書院。ゆっくり腰を下ろしておくつろぎください。


瑠璃の庭

瑠璃(るり)の庭

瑠璃色に輝く浄土の世界をあらわした当寺の主庭。数十種の苔のじゅうたんをぬって一条のせせらぎが清らかに流れます。

瑠璃の庭
臥竜の庭

臥竜(がりょう)の庭

天にかけのぼる龍を水と石で表した池泉庭園。眺める人の心を解放し、昇運をもたらすといいます。


喜鶴亭

喜鶴亭(きかくてい)

三条実美公命名の由緒ある茶室。和敬静寂の精神を映す千家第六代覚々斉原叟好みの佇まいです。

かま風呂

かま風呂

日本式蒸し風呂の原型であり、「八瀬のかま風呂」の現存する希少な遺構。 ご見学も可能です。

冬景色

冬景色

新雪に白く染まる「瑠璃の庭」。


由緒

八瀬大原 瑠璃光院の由緒

「やすらぎ」と「いこい」の郷

ここ「八瀬」の地は、「矢背」とも記されるように、壬申の乱で背中に矢傷を負われた大海人皇子(天武天皇)が「八瀬のかま風呂」で傷を癒されてより、平安貴族や武士たちに「やすらぎ」の郷として愛されてきました。

八瀬大原 瑠璃光院の由緒
八瀬大原 瑠璃光院の由緒

本願寺歴代門跡もしばしば訪れたと記録に残され、明治の元勲三条実美公は、当時の庵に「喜鶴亭」と名づけて直筆の命名額を下されています(瑠璃光院に現存)。

その後、大正末から昭和の初めにかけて、12,000坪の敷地に延べ240坪の数奇屋造りに大改築するとともに、自然を借景とした名庭を造営。建築にあたった棟梁は、京数寄屋造りの名人と称された中村外二、築庭は佐野藤右衛門一統の作と伝えられます。


八瀬大原 瑠璃光院の由緒

その後現在まで、日本情緒あふれる名建築・名庭として多くの人々に親しまれ、
囲碁本因坊位の対戦場となったことなどが知られています。

そして今、文化財の保護と公益を目的に、一般の方々にも公開する機会を持ち、
皆様に「心のやすらぎ」を提供するに至りました。

フォトギャラリー
スライドで他の画像がご覧いただけます。
2012年11月20日撮影 : 瑠璃色の風を感じて  2012年11月20日大阪府高槻市 O様撮影
2011年5月26日撮影 : 2011年5月26日H様撮影
2011年5月26日撮影 : 2011年5月26日H様撮影
2011年5月26日撮影 : 2011年5月26日H様撮影
2011年5月17日撮影 : 2011年5月17日撮影しました。5月の天気の良い日に撮影しました
2011年4月10日撮影 : 2011年4月10日撮影しました。お出ししているお抹茶と若菜屋さんの栗きんとんです
2007年11月撮影 : 瑠璃光院 2007 -秋- 天気の良い秋の日に撮影しました。
2007年11月撮影 : 瑠璃光院 2007 -秋- 天気の良い秋の日に撮影しました。

伝来寺宝、優雅余韻

数百年の歴史を有する当寺の寺宝の数々を、毎年数点ずつ
公開。通常は非公開ですが、公開される時もございます。
名建築、名庭とともに貴重な文化財をご鑑賞ください。

寺宝 寺宝
瑠璃光院に訪れてくださった皆様のご感想
  • ご僧侶の開門の時、しばらく瑠璃光院の説明をお伺いし、半日撮影、お抹茶をいただきました。ご僧侶のお勤めの読経の素晴らしさに引き込まれ、しばし別世界の境地でした。ありがとうございました。 写真の出来映え、素人ながら美しさに驚嘆しております。
    素晴らしいお庭、本当にありがとうございました。

    写真を送らせていただきます。秋には何が何でもお伺いしなければとの思いですが、それよりまして、またご僧侶の読経お聞き出来る機会あればお教えください。

    Hさん

  • 思いがけない出会いでした。
    美しい庭、せせらぎの心地よい音色、あやめの紫、そしてかわずの鳴く声五月の風の中で心が清められました。
    東日本震災に会われた方々の健康と復興を心よりお祈りいたします。

    Tさん

  • 「京都の景色」という感じでとてもきれいでした。
    懐かしいような新しいようなそんな感じがしました。
    素晴らしい景色をありがとうございました。

    Mさん家族

  • 正直偶然立ち寄っただけだったのですが、来て良かったです。
    いつもビルばかりの東京で暮らしているので、ここの緑や静けさがとても心に染みました。
    じっくりかみしめて帰ります。
    だめになりそうになったらまた来ますね。
    ありがとうございました。

    Sさん

  • とても美しいお寺で心いやされました。
    去年夫を亡くして淋しく悲しい日が続いていましたが、お友達と楽しく過ごすことが出来ました。心がなごみ夫を偲ぶことが出来ました。
    是非また来たいと思います。ありがとうございました。

    Uさん

  • 近所に居ながら初めて来させて頂きました。
    とても涼しげなお庭で、何時間も見ていたい気がします。
    秋、紅葉はきっと素晴らしいでしょうね。
    きっと、その頃にもう一度来ます。
    今、ちょうど夕日があたって美しさがひときわ...

    Aさん

アクセス・お問い合わせ

アクセス
住所
京都府京都市左京区上高野東山55
電話番号
075 (781) 4001
公共交通機関
出町柳駅」から叡山電車(八瀬比叡山口行)にて
「八瀬比叡山口駅」(終点)下車。徒歩5分

地下鉄「国際会館駅」から京都バス(大原・小出石行)にて
「八瀬駅前」下車。徒歩7分
駐車場はございませんので、
公共交通機関をおすすめします。
大きな地図で見る
自家用車でお越しの場合は、京都市出町駐車場をご使用ください。駐車場からは、下記、鉄道をご利用ください。

叡山電鉄「出町柳駅」まで徒歩5分、 「出町柳駅」より「八瀬比叡山口駅」まで14分です。

電話でのお問い合わせ

茶会、能楽・邦楽など伝統文化の会合等へのご利用を希望される方には、特に便を図ります。下記へお問い合わせください。
拝観期間外は、応答メッセージとなりますので、ご了承くださいませ。

TEL 075-781-4001 [受付時間]10:00〜17:00